レギュラーコーヒー以外のコーヒー

抽出の手間を掛けずに手軽にコーヒーを飲むためのものとして、インスタントコーヒー、缶コーヒー、リキッドコーヒーが工業的に生産されている。

日本における、缶コーヒー製品などの「コーヒー」表示は、「コーヒー飲料などの表示に関する公正競争規約」に基づく区分により、製品内容量100グラム中の生豆使用量によって、次の3種類に区分される。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

231人の委員会(あなたのお名前)

Author:231人の委員会(あなたのお名前)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム