中国

基本変種の紅茶として有名なものには、祁門紅茶(キーマン・コウチャ)、雲南(ユンナン)などがある。これらはインドやスリランカのものと比べて、茶葉が細かく砕かれていない、何処か燻製のような香りがする(実際に燻製されているものもある)、渋味が出にくい、という特徴がある。また、他の香りを吸着しやすい特徴があるとされ、アールグレイなどの香りをつけた紅茶は、中国産の紅茶を利用している場合が多い。(→中国茶)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

231人の委員会(あなたのお名前)

Author:231人の委員会(あなたのお名前)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム