601x316テスト記事

601x316
601x316.png

 [東京 18日 ロイター] - 内閣府が18日に発表した2016年1─3月期実質国内総生産(GDP)1次速報値は、前期比プラス0.4%、年率換算でプラス1.7%となった。うるう年による押し上げ効果を除くと実勢は年率0.5%前後の小幅プラスにとどまるとみられ、10─12月期のマイナス成長からの反発力は弱い。年初来の円高・株安の影響などでマインドが委縮し、企業収益環境に不透明感も漂う。個人消費は引き続き力強さに欠け、設備投資も慎重化するなど景気の低迷が長引いていることを示す結果となった。

 <内需は軒並み振るわず>

 成長率はロイター予測の年率0.2%を上回るプラス幅となった。ただし、うるう年効果は民間調査機関によれば1.2%程度の押し上げに作用しており、景気の実勢は同0.5%前後とみることができる。

 昨年10─12月期の年率マイナス1.7%の落ち込みを取り戻すには力不足で、GDPの水準は低いままだ。

 内需は軒並み弱い結果となった。

 個人消費は前期比プラス0.5%と伸びたが、前期のマイナス0.8%の落ち込みを取り戻していない。テレビや外食、レクリエーションなどが増加に寄与したが、これらは前期に落ち込んだ反動という面もある。

 加えて、うるう年効果が大きく影響しているため、実勢はほとんど伸びていない可能性が高い。販売統計の弱さもあり実勢は弱いとみられる。雇用者報酬は前期より伸びを高めているが、マインドの悪化が消費行動を慎重化させている可能性がある。

 設備投資は前期比マイナス1.4%と大きく落ち込んだ。これまで2四半期連続で増加してきたが、急激な円高進行や資源安、その背景にある中国経済の減速などから投資姿勢が萎縮している様子がうかがえる。工作機械や電子・通信機器、船舶などが減少した。

 住宅投資も2四半期連続のマイナス。マイナス金利の効果はまだGDP統計には表れていない。

 他方、外需をみると、輸出は前期比プラス0.6%と2四半期ぶりに伸びた。インバウンド消費が押し上げ要因となっているほか、欧米向け輸出も増加傾向となったことが背景。輸入は内需停滞により2四半期連続で落ち込みマイナス0.5%。その結果、寄与度はプラス0.2%となった。

 <停滞は4─6月期も続く公算>

 この結果、15年度は前年度比プラス0.8%と1%に届かない低成長となった。消費増税後1年たっても停滞から抜け出せないことを物語る。

 4─6月期も、熊本地震の影響により生産への影響や、レジャーの自粛、消費マインドの悪化などが懸念されている。成長率が急速に回復するという期待は薄い。
スポンサーサイト



201x201の記事テスト

201x201
201x201.png

【ロサンゼルス長野宏美】11月の米大統領選に向けた候補指名争いは17日朝、南部ケンタッキー州で民主党の予備選の投票が始まった。西部オレゴン州でも同日、共和、民主両党の予備選が実施される。民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(68)と共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(69)が本選で戦う構図が固まりつつあるが、民主党では既成政治に不満を持つ人がバーニー・サンダース上院議員(74)を強く支持しており、クリントン氏が「サンダース票」をいかに取り込むかが焦点となっている。

 「うそつきヒラリー」。ロサンゼルスで5日に開かれたクリントン氏の集会の外で、数百人が抗議デモをした。大半が生活に不安を抱えるヒスパニック系の若者で、サンダース氏を支持する。

 メキシコ系のカルロス・ヘレディアさん(33)は「彼女の発言は整合性がない。1996年にボスニアを訪問した際に狙撃手に狙われたという武勇伝も、映像で誤りが分かった。うそつきより、率直なだけトランプ氏の方がましだ」と語った。

 建設作業員のヘロン・コリーヨさん(32)は「中間層の底上げを主張しているのに、大企業などから無制限に献金を得られるスーパーPAC(特別政治活動委員会)を使っており、金持ちの影響を受けている」と批判。「本選は第三者に入れる」と話した。

 調査会社「YouGov」の調べ(6〜9日)では、クリントン氏とトランプ氏が本選で対決した場合、サンダース氏の支持者のうちクリントン氏に票を入れると答えたのは55%にとどまった。

 既成政治の打破を叫ぶトランプ氏を選ぶ人も15%おり、トランプ氏は2日、FOXニュースで「サンダース氏を支持する多くの若者は自分の方にくるはずだ」と自信を見せた。

 自由貿易に反対、ウォール街など大企業からの政治献金を批判、社会保障制度の充実、富裕層への増税−−。非主流派で、無党派層に人気の高いトランプ氏とサンダース氏は政策面で共通点が多い。

 一方、クリントン氏は今、サンダース支持者の「敵」ではないことを強調。「賃金が低すぎて不平等が大きすぎる。ウォール街(の影響)が一般の人を脅かすのは許さない。社会保障を拡大させるべきだ」と訴え、サンダース氏の政策に同調している。

 だが、サンダース支持者は無党派の若者が多く、どれだけ本選でクリントン氏に投票するかは不透明だ。

 ロイター通信の全米の世論調査(11日発表)では、クリントン氏の支持が41%、トランプ氏が40%と拮抗(きっこう)している。

199x199の記事テスト

199x199
199x199.png


世界のUENOだ-。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が国立西洋美術館(東京都台東区)の世界文化遺産登録を勧告した十七日、地元・上野の商店街は喜びに沸き立った。七月に正式に決まれば、都内で初めての世界文化遺産となる。観光客の増大に、街づくりの導火線にと期待が高まる。 (松尾博史)
 「本当にうれしい。世界遺産効果で商店街は、明日からもっと観光客でにぎわうでしょう」
 アメ横商店街で鮮魚店を営む石山和幸さん(84)は声を弾ませる。地元商店、観光関係者でつくる「国立西洋美術館世界遺産登録たいとう推進協議会」の会長として、運動の先頭に立ってきた。
 街頭にのぼり旗や横断幕を飾り「国立西洋美術館を世界遺産に!」と呼びかけ、フランスのル・コルビュジエ財団にも何度も行って「国際世論を一緒に盛り上げよう」と訴えてきた。「これまでの活動が報われました」と振り返り、笑みがこぼれる。
 宝石店主で、上野観光連盟事務総長の茅野雅弘さん(56)は「以前は、何の変哲もない建物としか思っていなかったんですがね…」と苦笑い。生まれ育った上野で、特別な感情もなく見慣れていた建物が世界遺産の候補だという話を聞いたときは戸惑った。「建築のことを勉強して、これは宝物だと発見した」
 今は、上野の建築についてすっかり詳しくなった。国立西洋美術館の建設の実務を担った前川国男が設計した東京文化会館や東京都美術館、昭和初期に流行した帝冠様式の傑作とされる東京国立博物館、明治時代のお雇い外国人で日本に西洋建築を伝えたコンドル設計の旧岩崎邸…。名建築を案内するパンフレットも作った。
 「よかった、うれしい。最高の喜び。西洋美術館の世界遺産登録は、上野が日本の近代建築の変遷を一気に見ることができる場所であることを、世界中の人に知らせる絶好の機会になる。観光客を精いっぱい努力してお迎えしたい」と興奮気味に語った。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201605/CK2016051802000230.html

s

s

プロフィール

231人の委員会(あなたのお名前)

Author:231人の委員会(あなたのお名前)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム